ファンデーションの種類別使用感


私は、液体・固形両方のファンデーションを使用している。朝の化粧には液体の物を使用し、化粧直しに固形のものを使用して、化粧浮きを抑えるようにしている。どちらもメリット・デメリットがあり、私は勝手に自分の判断で使用してしまっているが、本当は肌質などに応じて、美容部員の方にアドバイスを受けて購入した方がよいようだ。ちなみに、色は双方同じくらい豊富なので、自分の肌に合ったものを使用するのが一番よいだろう。

私が使用して思うのは、液体のファンデーションは、保湿効果がかなり高いと思うので、冬場などはかさつきを防止できる。乾燥肌の人は、液体の方がいいように思う。ただ、やはり液体なのでべたっと肌にフィットする分毛穴がふさがりやすいのか、毛穴がつまり易くなるように思うので、混合肌の方は要注意されたい。固形は、とにかく扱いが便利で化粧が楽である。欠点は、やはりやや肌が乾燥することと、汗に弱く化粧崩れがしやすいように思う。

今は、固形のファンデーションでもしっとり感の高い物もあるので、一概に言えないが、私は双方のメリットを生かして使い分けをしている。同じ色の物や、微妙に色が違う物をうまく使えば、立体的なメイクや、Tゾーンとそうでない部分で分けて使用することで、化粧崩れや毛穴の詰まりを最小限にできるのではないかと思う。そうなるとちょっとメイクに手がかかるが、ここ一番の時はそのくらい手間をかけでもいいように思う。