ファンデーションの種類と特徴について


ファンデーションといっても、形状によってさまざまな種類があります。その中で大きく分けるとすると、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの2つに分かれます。パウダーファンデーションは手軽に使えるので、初心者の方におすすめのファンデーション。一方、リキッドファンデーションは化粧持ちが良いという特徴を持っています。そのほか、ムースファンデーション、クリームファンデーション、スティックファンデーションと呼ばれるファンデーションもあります。

それぞれのファンデーションを詳しく見てみると、最も一般的に使われているファンデーションといえば、スポンジでパウダーを取り、肌に塗って使用するパウダーファンデーションです。つけ心地が軽く、肌への負担が少ないため、乾燥肌、オイリー肌、混合肌、どのようなお肌の方でもお使いいただけます。手軽に化粧直しができるのもうれしいです。パウダーファンデーションには、さらにスポンジに水を少量含ませる「水ありタイプ」とパウダーをそのまま付ける「水なしタイプ」があります。水ありタイプの場合は、パウダーを乳化させるのでリキッドタイプに近い仕上がりになります。最近ではどちらでも使える2wayタイプのものも販売されています。

リキッドファンデーションは、油性成分が液状になっているタイプのファンデーションです。油性成分が多いので、パウダーファンデーションに比べて肌の上での伸びがよく、艶やかな仕上がり。化粧崩れがしにくいです。しかし分量を間違えると厚塗りになりやすく、化粧直しが大変。パウダータイプよりも肌に負担がかかるので肌トラブルが起こることがあります。ムースファンデーションは、リキッドファンデーションをさらに軽めにしたファンデーションです。リキッドファンデーションに比べて軽く艶のある肌に仕上がりますが、やはりリキッドタイプと同じく肌への負担が大きく、一度崩れると化粧直しが大変です。クリームファンデーションは、油性成分がクリーム状になっているので伸びが良いです。保湿力のあるものが多く、しっとりとした感触で、乾燥肌の方に向いています。スティックファンデーションは、乾燥肌になりやすい肌でもしっとりと仕上げる保湿力のあるファンデーションです。伸びが悪く、厚塗りになりやすいですが、乾燥肌の方に向いているファンデーションです。